インプラントイメージ

インプラントのおかげでしっかり食事がとれて健康維持ができています

私は毎日力仕事をしています。
仕事をこなすためには、しっかりとスタミナのつく食事をとる事が大切だと考えています。
虫歯のために抜歯が必要と言われた時、1本だけの入れ歯を作る方法、ブリッジを入れる方法、インプラント治療を行う方法の3つを提案されました。
最も安くすむのは、保険が適用される材料で作る入れ歯を使う方法で、毎日寝る時には入れ歯を外して手入れをする必要があると言われました。
またブリッジは抜いた歯の両側の歯を削ってかぶせる為、健康な歯に負担がかかる方法であるとの説明がありました。
インプラント治療は保険が使えないため治療費は高額になりますが、外科手術で人工歯根を顎骨に埋め込むので、自分の歯のようにしっかりと固定することができ、機能的にも優れているとの事でした。
手術であるため、高血圧症や糖尿病など他の病気が有る人や、骨や歯茎の状態によっては治療が難しい場合もありますが、幸い私は健康体で骨の状態も良く、治療に問題は無いとの事でした。
通院していた歯科医院はインプラント手術の経験も豊富であり、知人も同じ歯科医院で手術を受けてとても調子が良いと言っていたので、インプラント治療を選びました。
まずは人工歯根を埋め込む手術を受けました。
手術当日は診察前に化粧を落とし、なるべくゆったりした服装で来院するようにと指示を受けました。
外科の手術を受けた時とは違い手術着に着替えたり入院するという事は無く、普段の診察台とよく似た診察台での手術でしたが、やはりとても緊張しました。
1回目の手術から半年後にもう一度人工歯根に小さな部品を取り付ける手術を受け、さらに人工の歯を取り付ける治療を行います。
インプラントを入れた後は、毎日の歯磨きやデンタルフロスを使った歯と歯茎のケアで歯周病や歯槽膿漏の予防をするとともに、3ヶ月に一度歯垢除去と定期健診に通う事が大切です。
人工歯根がしっかりと骨に結合するために、歯茎の状態をよく確認してもらい、適切な処置を受けるようにしましょう。
私が通っている歯科医院では、定期健診に行った日に3ヶ月後の予約を行い、予約日の一週間前にはハガキで再通知してくれるので、忘れずに通う事ができます。
おかげさまでとても調子よく、何でも食べられますしよく噛めるので健康状態も良く、毎日元気に働く事ができています。

Copyright(C) 2010 歯をキレイに.com All Rights Reserved.