インプラントイメージ

インプラントは担当医師の技術が重要

2年ほど前に奥歯をインプラントにする手術を受けました。
もちろんはじめてインプラントにしたので、最終的にどの医院にお願いするかかなり迷いましたし、なにより施術費用一式がかななりピンからキリまで違うことにも驚き、自分なりに複数の医院に通って最終的に納得のいく医院の先生に面倒をみてもらうこととなりました。
インプラント自体は自由診療ですが、初診で歯をチェックしてもらうだけなら保険診療なので、お金をかけずに複数の医院の様子を見て回ることができたのがラッキーでした。
私の個人的な印象でいいますと、担当の先生がどれだけ施術経験があるのかをチェックできるとかなり安心できると思いました。
いろいろとお聴きしても、嫌がらずに熱心に応えてくださる先生も大変信用がおけると思いました。
また施術価格についてもかなり突っ込んで質問をすることになりましたが、何が異なる値段になるのかを突き詰めてみますと、結局歯科材料を国内もので調達するか、中国製に依存するかで部材費用がまったく異なることがわかりました。
人件費の部分というのは各医院ともにそれほど変わらないわけですからこうした部材の価格で調整していることをはじめて知りました。
私がお願いすることになった先生の説明では、やはり口の中に入るものですし、長期間使うものなので、できることなら安心して利用できる国内の部材を利用するのが安心だということから、納得して国内の部材を利用して約25万円程度の施術を受けることにしたのです。
また、インプラントの場合、施術が終ったばかりのタイミング成功率を語るのでなく、5年後、10年後の状況で成功率を語るのだということもはじめて知ることができました。
やはり施術後の管理がよくないと歯周病菌に犯されて結局はぐきがだめになり、台座が露出して人工歯がとれてしまうこともあるそうです。
写真もいろいろと見せていただきましたが、ここまで説明をうけてやっとやってみる気になったというのが正直なところです。
分らないことばかりですから丁寧に答えてくれて、しかも納得のいく説明をしてくれる技術を感じられる先生がいる医院を選ぶのが最大のポイントではないかと思っています。

Copyright(C) 2010 歯をキレイに.com All Rights Reserved.